読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るびあほりっく

―マイルとブラックカードに夢をみる。―

ハピタスは安全?危険?情報開示をして運営会社の信用調査をしてみました。

コツコツ貯めたマイルで飛行機にタダで乗る我々マイラーにとって、利用が必須であるポイントサイトのハピタス。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

今回の記事ではハピタスを運営する株式会社オズビジョンの法人を独自に信用調査し、ハピタスの安全性について検証をしてみました。ハピタスは安全なのか?危険なのか?登録慎重派の方のお役に立てば幸いです。

まずは会社概要

まずは株式会社オズビジョンのホームページに掲載された会社概要を見てみます。

f:id:mr-akogare:20160617221931j:plain

法人設立の年が2006年なので、今年でちょうど10周年だったみたいですね。なるほど。

法人登記簿を取ってみた

次にオズビジョンのホームページに掲載されている情報に虚偽がないか検証するため、登記情報提供サービスを利用して法人登記簿を取ってみました。

f:id:mr-akogare:20160617221318j:plain

△法人登記簿(登記簿のWeb掲載は問題ないらしいことを初めて知った)

どうやらホームページ記載の会社概要と相違はなさそうです。昨年に資本金の増資もしているようで、かなり景気がよさそう?

本社所在地に行ってみた

しかし、法人登記簿だけでは安心出来ません。登記簿はあるものの活動実態に虚偽がある、いわゆるペーパーカンパニーの可能性があるからです。

ペーパーカンパニーを暴くためには、会社所在地に実際に行ってみることが有効です。ということで、Google MAPを頼りにオズビジョンの本社所在地とされる場所に行ってきました

f:id:mr-akogare:20160617222948j:plain

f:id:mr-akogare:20160617223009j:plain

ちゃんとありました。法人登記簿の情報通り3フロアに事業所を構えています。経営実態はあり、まず間違いなく活動しているとみていいでしょう。

財務諸表を確認してみた

ホームページに虚偽の情報が掲載されていないことが分かって安心しましたね。こうなると次は会社としての健全性を確認したくなるのが人の性(?)。財務状態について検証します。

財務諸表の公告が無いので帝国データバンクの情報を参照する

オズビジョンは非上場企業なので財務諸表の公告義務がありません。従って同社のホームページから貸借対照表等の決算書を確認することが出来ませんでした。ということで、ここは民間調査会社である帝国データバンクの情報を参照することとします。

f:id:mr-akogare:20160618020222j:plain

帝国データバンクの情報は無断転載不可なので上記画像はサンプルです。具体的な数字を出しても帝国データバンクから怒られてしまうので、数字から読み取ってみた私個人の定性的評価を以下に記載します。

※具体的な数値を知りたい方は帝国データバンクでちゃんと買ってください。

TDB会社情報・利用約款 | 帝国データバンク[TDB]

自己資本比率

返済の必要が無い資本比率を示す数字です。

一般的にこの数字が高いと優良企業と評価されますが、オズビジョンの自己資本比率はマズマズといったところではないでしょうか。高くもなく、低くもない。とりあえず、黒字倒産を起こすような数字では無いと考えます。自己資本率に関しては以下のサイトが分かりやすいです。

決算書.com:決算書の読み方・使い方・見方がわかる!

売上・純利益

ホームページで謳っている通り、年々増収増益を続けているようです。このポイントサイトという産業はもう随分と長いこと存在していますが、導入期を通りすぎて成長期と成熟期の間ぐらいをずっと維持しているような感じですね。オズビジョンもどこも同じような感じ。当分は衰退期に入ることはないでしょう。

f:id:mr-akogare:20160617225454j:plain

株式会社オズビジョンの従業員数は数十名程度なので、一人当たりの売上高は相当高い方だと思います。

負債(ポイント引当金)

負債の額については、帝国データベースから読み解くことができませんでした。

ポイントを発行する企業にとって、ポイントは負債(引当金)に相当します。おそらくオズビジョンの貸借対照表の負債の部には、ポイント引当金という勘定科目が相当積まれているはず。ハピタスは交換上限が月3万ポイントという制限があるため、今後も増え続けるのではないでしょうか。

ポイント及びプリペイドカードに関する会計処理について

仮にポイント引当金繰入の処理がされておらずハピタスのサービスが終了することになったとしても、オズビジョンはJIPC参加企業なので一瞬にしてポイントが消失するといったことがないため安心です。

f:id:mr-akogare:20160617233748j:plain

サイトのセキュリティ的はどうなの?

法人としては信用して良さそうですが、ハピタスは登録時に電話番号やメールアドレスを入力しますので、やはり情報漏えいは怖いしセキュリティ面も評価したいですよね。

外部攻撃対策

SSLの暗号化通信技術がユーザログイン画面において採用されています。第三者によるログイン時のパスワードの盗聴を防止する機能を実装しています。

f:id:mr-akogare:20160618000718j:plain

ITエンジニアである個人的にはEV SSL(アドレスバーが緑になる上位互換のSSL)ではないのが残念。あと最近トレンドの常時SSLも取り入れるとなお良いと思ってます(導入にめちゃめちゃお金かかるけど笑)。

個人情報保護対策

プライバシーマークを取得しており、基本的な個人情報保護マネジメントには適合していることをJIPDECにより認定されています。

f:id:mr-akogare:20160618001028g:plain

個人的にはISO270001(ISMS)も取得していたらなお良いと思うのですが、それは贅沢というものですかね。

総評

ハピタスを運営する株式会社オズビジョンは、知名度こそ高くないもののしっかりと経営されている会社だと思います。ハピタスは昨今乱立する振興ポイントサイトと比較して2006年から存在する老舗ですので、安心感もありオススメです。

一度使ってみればすぐに分かると思いますが、非常にポイントが貯めやすく使いやすい優良なサイトです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス