踊るびあほりっく

ビール好きのネットオタクが呂律を回します

【実践編】光BBユニットを返却して市販ルーターでネット接続する|ソフトバンク光

最終更新 2017年11月17日

光BBユニットは借りるべき?

ソフトバンク光には「光BBユニット」というレンタルルーターのサービスがある

光BBユニットレンタル | インターネット | ソフトバンク

f:id:mr-akogare:20170825102833p:plain

 この光BBユニットというルーターレンタルには、

  • 「IPv6高速ハイブリッド」というネット回線の高速化&安定化のメリット

があるけれど、その一方で

  • 最低月額料金3,800円(税込4,104円)でソフトバンク光を使うことができないというデメリット

もあり、毎月の利用明細がちょっとだけ上がってしまうのが悩みどころ。光BBユニットを使った場合の最低月額料金は4,267円(税込4,608円)

※料金計算式:3,800円+467円=4,267円(税込4,608円)/月

光BBユニットレンタル費用の明細項目画面

ソフトバンク光のメリット・デメリットは過去の記事でまとめたけど、その一つとしてあげた「安い(金銭負担が少ない)」というメリットは、上記の光BBユニットを返却することにより限界まで高めることが可能だ

その他のソフトバンク光のメリット・デメリットはこちらの記事を参考にしてほしい

akogare.hatenablog.com

ただしIPv6高速ハイブリッドは光BBユニット固有の機能なので、返却して市販ルーターで接続を行うと住んでいる地域や建物、時間帯によっては極端に遅くなってしまうかもしれない

光BBユニットをレンタルしたほうが高速な通信環境で安定するので、これからソフトバンク光を契約しようとする方(既に契約している方)は光BBユニットレンタルの利用継続をおすすめする

ソフトバンクはよくキャッシュバックのばら撒きをやっているため光BBユニットのレンタル料は必ず元が取れるはずだ。もしこれから新規契約や転用を申し込む場合は以下のサイトから現金キャッシュバック+光BBユニットレンタルを同時に申し込むといいだろう

SoftBank光新規申込で24,000円、他社転用で11,000円キャッシュバック!

上の申し込みサイトで新規/転用の申し込みを行うとIPv6高速ハイブリッドは自動で適用されるので、特に利用者側での手続きは不要となる(届いた光BBユニットと自分のパソコンをLANケーブルでつなげるだけでネットに繋がる)

ちなみに光BBユニットレンタル以外のその他の有料オプションはほぼ無駄なのでつけなくても大丈夫だ。もし「初月無料」を理由に強引に有料オプションをつけられてしまった場合は、全オプションを解約する手順を写真付きでまとめているので以下の記事を参考にしてほしい

akogare.hatenablog.com

   

【実践編】光BBユニットを返却して市販ルーターでネット接続する

 

以下、光BBユニットを返却(解約)して市販ルーターでインターネット接続をするための手順を解説をしていく

光BBユニットを一回返却してしまうとIPv6高速ハイブリッドを利用再開するのにちょっと手間がかかるので、慎重に。もし光BBユニットを返却後に「やっぱりIPv6高速ハイブリッドを使いたい」と思った場合の手続きはこちらの記事に写真付きでまとめているので参考にしてほしい 

Step1:光BBユニットの代わりに市販ルーターを準備

まずは返却してしまう光BBユニットの代わりとなるルーターを用意しておく

用意する市販ルーターは基本的にどこのメーカーのものでも大丈夫ですが、どんなルーターを用意すればいいのか全く検討もつかない方は以下のピックアップから選ぶのがおすすめですakogare.hatenablog.com

以下ではバッファロー製WHR-1166DHP4を使った場合の接続手順を解説する

本機は形状がスリムで取り回しもよく、家中に強力な無線(Wi-Fi)も飛ばせてそして機器性能の割に値段がとても安い。ルーター設定に自信がない方はこの機種一択でいいと思います。見よう見まねで設定できるはずです

Step2:光BBユニットを取り外す

ソフトバンクに返却する光BBユニットをパソコンや後述する光回線終端装置(ONU)から取り外すそう。光BBユニットはこんなやつだ

光BBユニット写真

光BBユニットは上の写真のように

  • 本体が白い
  • 側面には『SoftBank』のロゴが 刻印されている

という特徴がある。初心者は特に後述の光回線終端装置(ONU)と取り違えやすいので注意をしよう

Step3:市販ルーターを光回線終端装置(ONU)とパソコンに接続

光BBユニットがあった場所へ代わりとなる市販ルーターを設置し、光回線終端装置(ONU)とパソコンにLANケーブルで接続する

「光回線終端装置(ONU)ってなに??」って方もいると思うので、簡単な外観の特徴を以下に説明する*1

ソフトバンク光で使用される光回線終端装置(以下、ONU)にはだいたい2つの特徴がある

【ONUの特徴①】NTTのロゴが刻印されている

NTTロゴ

NTTのロゴが本体のどこかにあると思います。うちにあるONUの機種だとこんなかんじ

ONU本体写真

上の写真はONUの正面だ。NTTのロゴが小さくではあるが刻印されている

【ONUの特徴②】 ポート(ケーブル差込口)数が少ない

さきほどおすすめとして紹介したバッファロー製の市販ルーターはケーブルの差込口であるポートが複数(5個)あるのに対し、ONUは多くの場合最大で2個しかポートを搭載していない

またそのうち1個にしかLANケーブルを指すことが出来ないような構造になっている

ONU本体写真(裏面)

上の写真はONUの背面だ。LANケーブルは写真向かって右側のポートにしか挿せないない

写真向かって左側はLANケーブルが差し込めないポートとなっていて、ここにはモジュラーケーブル(電話ケーブル)か、利用者側では抜き挿しできないような光ファイバーケーブルが伸びることになる

で、このような特徴を持ったONUと市販ルーターとをLANケーブルで接続し、その市販ルーターとパソコンもLANケーブルで接続する必要がある

接続図式を文字で表すと以下の様な感じ

【ONU】----【市販ルーター】----【パソコン】

写真で図解すると以下のような接続となる

ONUとルーターとパソコンの接続写真

市販ルーターの[INTERNET]のポートとONUをLANケーブルで接続を行う(写真では青いLANケーブル

市販ルーターの[LAN 1~4]のいずれかのポートとパソコンをLANケーブルで接続を行う(写真では黒いLANケーブル

ケーブルの接続が終わったら、市販ルーターの背面にあるツメを[ROUTER]にあわせる

ルーター裏面写真

Step4:ブラウザで市販ルーターにアクセス

パソコンのブラウザのアドレスバーに

と入力し、ルーターにアクセスする

ブラウザアドレスバー画像(192.158.11.1)

すると認証画面が表示されるため、以下の初期設定の認証情報を入力し、[OK]ボタンをクリックする

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password

 ユーザID・パスワード認証画面

もしこの認証画面が表示されない方は、

  • LANケーブルの接続が誤っている(Step3)
  • 市販ルーター背面のツメを[ROUTER]にあわせていない(Step3)
  • パソコンに固定IPを設定している

などが原因と考えられる

また固定IPをパソコンに設定している人は、ちゃんとデフォルトのDHCP設定に戻しておこう

※固定IPやDHCPの意味がわからない人のパソコンは、まず間違いなくDHCP設定になっているはずだ

Step5:市販ルーターにPPPoEクライアント設定

 

物理的なケーブル配線が済めばもうあとちょっとだ

  • トップ画面のメニューから、「Internet/LAN」をクリックする

ルーター管理画面TOP

  • 「PPPoEクライアント機能を使用する」のラジオボタンを選択する
  • 「PPPoE」ボタンをクリックする

ルーターInternet/LAN画面

  • PPPoE接続先リストの「接続先編集」ボタンをクリックする

ルーターPPPoE設定画面

  • PPPoE接続先設定(PPPoEクライアント機能設定)で以下の通り入力する
    接続先名称:SoftBank (名前は任意)
    接続先ユーザー名:認証ID(@マーク以降含む)※
    接続先パスワード:認証パスワード※
    拡張設定:設定不要
  • 「設定」ボタンをクリックする

ルーターPPPoE接続先設定画面

「※」印で示した認証IDと認証パスワードは、「SoftBank光 ご利用開始のご案内」に記載されている。「SoftBank光 ご利用開始のご案内」はソフトバンクとの契約時に書面にて郵送されているはずなので、家の中を探してみよう

赤枠で囲っている部分が市販ルーターの接続設定に必要な認証IDと認証パスワードになる

Softbank光 ご利用開始のご案内(紙)写真

画面が切り替わったら、

  • PPPoE接続先設定(PPPoEクライアント機能設定)で以下の通り入力する
  • デフォルトの接続先:SoftBank(上記例の場合)
  • IP Unnumbered使用時の接続先:SoftBank(上記例の場合)
  • 「設定」ボタンをクリックする

ルーターPPPoE設定画面

以上で、市販ルーターの接続設定は完了となる。試しにGoogleなどにアクセスして無事接続できるかテストしてみよう

お疲れ様でした!

 

【まとめ】でもやっぱり光BBユニットをつけて新規契約/転用がおすすめ

ソフトバンク光でレンタル可能な光BBユニットを使わずに市販ルーターでインターネット接続するための手順を写真と画像を駆使して解説した。操作で分からないことがあればコメント欄までどうぞ

ここに書かれている作業内容は正直初心者には難しいかもしれないけど、月額料金を少しでも減らして家計の節約をしたい場合はぜひこの記事が参考になれば

とはいえ、光BBユニットには

  • ID/パスワードの設定不要ですぐ使える(機器内に既に設定されている)
  • IPv6高速ハイブリッドで混んでいる夜間も速い

というメリットがあるので、僕個人的には光BBユニットのレンタルを強く推奨します

これからソフトバンク光の新規契約/転用を申し込む場合は以下のサイトで光BBユニットの初月無料とキャッシュバック&工事費還元のキャンペーンをやっているので、うまく活用してレンタル代の足しにするといい

SoftBank光新規申込で24,000円、他社転用で11,000円キャッシュバック!

使用した市販ルーター:WHR-1166DHP4

節約・おトク系のおすすめ記事

陸マイラー」という言葉を聞いたことがあるだろうか?自分は飛行機にほとんど乗らずに年間数十万マイルを貯めている。節約やおトクが好きな人は参考にしてほしい。

Softbank光の関連記事

*1:ここではVDSLモデムと区別せずすべて"ONU"と故障する