読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るびあほりっく

―マイルとブラックカードに夢をみる。―

スーパーフライヤーズカード(SFC)の入会・切り替えルールやANAカードの違いについて調べてみた。

f:id:mr-akogare:20161127160613j:plain

タイトルが「女子大生陸マイラー」という、なんともクリックを誘発する(笑)ブログについ釣られてクリックしてしまった以下の記事。

△大学を卒業したらブログタイトルに困ると思いますので、そこは是非「美人過ぎるマイラー」とリネームすることを今から期待したいです。

上記記事を読むまで陸マイラーにとっては「ソラチカカード&ワイドゴールドカード」の組み合わせが唯一解だと思っていましたが、なるほど確かに「学生さん×SFC修行僧予備軍」という層には、ワイドカードもある一定の需要があるのかもしれません。

ワイドカードから始めるSFC修行というのはあまり聞いたことがなかったので、ちょっと興味がわきました。

ということで今回の記事では、ANAのワイドカードとワイドゴールドカードの違いや、スーパーフライヤーズカードの入会・切り替え時のルールについて詳細に調べてみたというお話です。もちろん今回もちゃんとデスクに電話しているので、内容の正確性には気を使っています。

 

学生でもスーパーフライヤーズカード(SFC)に入会できるのか

まず最初に自分が疑問に思ったこととして、そもそも学生でもスーパーフライヤーズカード(SFC)に入会できるのか?ってことなのですが、原則として学生はSFCに入会出来ないようです。

ご注意ください

スーパーフライヤーズカードは、お1人様1枚のみ、ご入会いただけます。

カードは、入会申込書に記載された日本国内の住所にのみお送りします。

学生の方はご入会できません。また、別途クレジットカード会社による審査があります。

スーパーフライヤーズカードには、ANA VISA Suicaカード、ANA To Me CARD PASMO JCB、ANA TOP&ClubQ PASMOマスターカードのご用意はありません。

スーパーフライヤーズカード〈法人用〉のご用意はありません。ANAカード〈法人用〉をご利用の方は、スーパーフライヤーズカードに新規入会申し込みをお願いいたします。お支払い口座は個人名義になります。

スーパーフライヤーズカード|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

△デスクもダメだって。

とはいえWeb 上には24歳大学生で取得したという報告例もありますし、今の時代サラリーマン兼大学生という人も普通にいっぱいいますので、この注意書きがどの程度厳格 に適用されるのかはよく分かりません。とりあえずもし一般的な大学生が SFCを狙うなら、大学4年のうちにANAカード発行+SFC解脱をしておき、新卒入社直後に入会するというのがセオリーになるのかなと思います

SFC修行前にANAを申し込むべきなのか

修行僧の方には改めて言うまでもない話ですが、SFC修行前に予めANAカードを保有することはSFC入会のための必須条件ではありません。ANAマイレージクラブのプラチナサービスメンバー(事前含む)、ダイアモンドサービスメンバー(事前含む)の期間中であれば、いつでもSFCを新規に申し込みすることが可能です。

入会資格

「ダイヤモンドサービス」メンバー
「プラチナサービス」メンバー
「ダイヤモンド事前サービス」メンバー
「プラチナ事前サービス」メンバー

スーパーフライヤーズカード|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

とはいえSFCはクレジットカードの一種であるため、いざSFCの入会資格を得て新規申し込みをしようと思っても、カード発行会社(イシュア)による総合的な判断(信用調査等)によって、SFCの発行を断られてしまう可能性があります

全日空(ANA)が「おう、SFC作ってもいいぞ」と許可してくれても、カード発行会社(イシュア)が「いや、お前にクレジットカードは危険じゃ」と判断したらに残念なことに入会できないのです。こうなってしまうと非常に困りもので、せっかくのプラチナステータス獲得の努力も水の泡となってしまいます。

これに対して既存ANAカードからSFCへの切り替えであれば、イシュアによる総合的な判断は改めて行われず(無審査)、無事にSFCの発行をすることが可能です。この事実はデスクにも確認とっていますので、間違いないです。ちなみにCICの信用情報にも申し込み履歴の記録が残りません。

△CICの信用情報を開示してまで証明したノリさんはすごい。

転ばぬ先の杖というか、越えなければならない審査のハードルは修行前に先に飛んでしまえということですね。で、SFC修行僧予備軍の多くは身辺整理のごとく、ANAカードの発行を前もってしておくわけです。

 

どのSFC修行前のANAカードはどれを選ぶべきなのか?→ワイドゴールドカード一択

ANAカードをSFC修行の前に発行する理由が分かったところで次に、SFCへの切り替えが可能なANAカードを整理します。SFC入会資格者が切り替えをすることが可能なカードは以下の通りです。

  • ANA一般カード(VISA/Master/JCB/AMEX)
  • ANAワイドカード(VISA/Master/JCB)
  • ANAワイドゴールドカード(VISA/Master/JCB)
  • ANAダイナースカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ちなみにSFCへの切り替えが出来ないカードは以下の通り。

  • ANA学生カード
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA TOP&ClubQ PASMOマスター

上記のように数あるANAカード中でも、ANA VISA ワイドゴールドカードが圧倒的な人気を誇っております。私もこれを一番におすすめします。なぜなのか?

この答えは簡単で、ANA VISA ワイドゴールドカードはマイ・ペイすリボを駆使した年会費減免&ボーナスポイントの裏ワザが存在し、かつマイル移行手数料が無料の圧倒的メリットがあるからです。

単にSFCが欲しいだけであればANAの一般カードからSFC一般カードに切り替えてもいいのですが、普段の決済でも効率よくマイルを貯めたいという人は年会費と決済還元率のバランスが取れたANAワイドゴールドカード一択です。

 

ワイドカードとワイドゴールドカードの違いは何なのか。

上述の理由によりANA VISAワイドゴールドカード一択とはいえ、自身の属性の制約からANA VISAワイドゴールドカードの申し込みが困難な場合は、審査難度が比較的低いANA一般カードやANAワイドカードを最初に作っておき、その利用実績(クレジットヒストリー)を作った後に上位クラスへの切り替えするのも確かにありかなと思います。

やむなく一般カードやワイドカードを作った場合に気になるワイドゴールドカードとの違いは以下の通り。ちなみにマイ・ペイすリボの裏ワザは、一般カードだろうがワイドカードだろうがワイドゴールドカードだろうが、どのカードでも使えます。

  • 年会費
  • 最大ショッピング利用枠
  • マイル移行手数料
  • カードラウンジ利用権
  • 搭乗ボーナスマイル積算率
  VISA 一般カード VISA ワイドカード VISA ワイドゴールドカード
年会費 2,160円 7,830円 15,120円
最大ショッピング利用枠 80万円 80万円 200万円
マイル移行手数料 6,480円 6,480円 0円
カードラウンジ利用権 利用不可 利用不可 利用可
搭乗ボーナスマイル積算率 10% 25% 25%

こうして並べてみると、SFCのためにワイドカードを発行するのはちょっと微妙かもしれませんね。後述しますが、一般カードでもワイドカードでもSFC一般カードには無審査で切り替えられるので、SFCを目的とするなら正直一般カードで事足りそうです。ワイドゴールドカードを作れそうな人は無条件でワイドゴールドを選べばいいでしょう。

スーパーフライヤーズカード(SFC)切り替え時の審査&年会費等のルール

SFCへの切り替え時にかかる費用や審査の有無って気になりますよね。出来れば無駄をなくして最適化したいというか。それもとことんデスクに聞いてみました。SFC切り替え時の年会費&審査等のルールは以下の通りとのことです。

  1. ANA一般カードやANAワイドカードからSFC一般カードへの切り替えは、無審査かつカード番号に変更なし(カード券面の作り直し)。年会費を改めて支払う必要はなく、年会費の請求月は変わらない。
  2. ANA一般カードやANAワイドカードからSFCゴールドカードへの切り替えは、新たに審査がありカード番号にも変更がある。年会費は審査通過後に別途改めて支払う必要があり、年会費の請求月も変わる(ANAカード時代の年会費で相殺や充当ができない)。
  3. ANAワイドゴールドカードからSFCゴールドカードへの切り替えは、無審査かつカード番号に変更なし(カード券面の作り直し)。年会費を改めて支払う必要はなく、年会費の請求月は変わらない。
  4. SFC一般カードからSFCゴールドカードへの切り替え(上位アップグレード)は、審査がありカード番号にも変更がある。年会費は審査通過後に別途改めて支払う必要があり、年会費の請求月も変わる(SFC一般カード時代の年会費で相殺や充当ができない)。
  5. ANAカードのSFCへの切り替えや、SFCの上位アップグレード(SFC一般→SFCゴールド)の際は、いずれのケースでもEdy番号が変わってしまう

一般→一般、ゴールド→ゴールドのSFC切り替えであれば年会費に無駄が発生しない、ということが分かりました。これは非常に助かる。ぎりぎりまでタイミングを待って申請する、という注意をしなくて良いことになります。

以下、私が実際にスーパーフライヤーズカード(SFC)に切り替えた際の手続きや情報を元に解説します。

スーパーフライヤーズカード(SFC)の入会申込書はどこから取り寄せるのか?

スーパーフライヤーズカード(SFC)の入会申込書は、以下のANAサイトから取り寄せます。

カードの種別もこのWeb申請の時点で指定します。

f:id:mr-akogare:20161203142340j:plain

入会申込書の到着までの期間と内容物は?

私の場合、Webでの申込書取り寄せ請求から約4日ほどで入会申込書が自宅に到着しました。なお、郵便受けに投函される通常の普通郵便でした。

f:id:mr-akogare:20161213091241j:plain

内容物は以下の4つのものでした。写真向かって左から、

  • ANAスーパーフライヤーズコース変更申込書
  • 申込書返送用封筒
  • ANAスーパーフライヤーズ入会のご案内(リーフレット)
  • ANAスーパーフライヤーズ入会のご案内(冊子)

です。

f:id:mr-akogare:20161213091320j:plain

私は「既存ANAカードのSFC切り替え」パターンでしたが、「SFC付きANAカードの新規発行」のパターンだと、もう少し内容物が増減するかもしれません。どなたかの報告を待ちます。

ANAスーパーフライヤーズコース変更申込書をよく見てみます。すると、

■コース変更は以下のパターンでのみ承ります。

現在ご利用のカード   ご希望のカード
ANA 一般カード、ANA ワイドカード ANA スーパーフライヤーズカード
ANAワイドゴールドカード ANAスーパーフライヤーズゴールドカード
ANA VISA プラチナプレミアムカード ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

と書いてあることが分かります。

f:id:mr-akogare:20161214092445j:plain

上の画像の矢印(→)の通り、異種ANAカード間(たすき掛け)のSFCコース変更は出来ません。例えば、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」から下位互換の「ANA VISAスーパーフライヤーズカード」の発行申し込みはコース変更扱いではなく、新規申し込み扱いになります。そしてカードのステータスは下位のクラスですが、要審査となります。

ANA スーパーフライヤーズ会則

そしてこちらが申込書裏面に記載されたANAスーパーフライヤーズ会則とカード会員規約です。老眼とか関係なくルーペが必要ってぐらい本当に文字が小さい。読ませる気あるのか?

f:id:mr-akogare:20161214093229j:plain

ですがご安心を。ここに書かれているANAスーパーフライヤーズ会則とカード規約は以下にまとめておきました。

ANAスーパーフライヤーズ会則

第1条(名称)
本会は、「ANA SUPER FLYERS」と称します。

第2条(入会資格)
ANAを格別にご利用いただいているANAカード会員の皆様のなかで、ANAが入会を認めた方に限り、本会への入会資格を有するものとします 。

第3条(会員)
第2条の入会資格に該当する方が、本会則を承認の上、入会を申し込むことにより会員となります。

第4条(会員証の発行と使用)
本会は、会員に対して会員証として「ANA SUPER FLYERS CARD」を発行します。この会員証は、三井住友カード会員規約およびANAダイナースカード会員特約が適用されます。会員証は、カード裏面に記載された本人以外は利用できません。

第5条(会員資格の有効期限)
会員資格の有効期限は、第8条に該当する場合を除き、ANAカードの有効期限に準じます。また、会員資格の継続は、第6条によりANAが認めた場合のみ行うこととし、会員証を更新し発行します。

第6条(会員資格の継続)
継続の基準については、別途ANAが定めるものとし、会員は予めこれを承認するものとします 。

第7条(会費)会員は、ANAに対し、年間所定の年会費を届出の預金口座から自動引落しの方法により、お支払いいただきます。なお、一旦お支払いいただいた会費は、返却いたしません。

第8条(会員資格の失効)
会員は、第5条に定めるほか、以下の各項の一つに該当する場合、会員資格を失い、第4条により発行された会員証をご返却いただきます。

(1)会員が退会を申し出た場合。
(2)会員の住所・電話番号の変更届がなく、ANAからの連絡が不可能となった場合 。
(3)会員が本会の会則およびANAカード会員特約に違反した場合。
(4)会員が本会の名誉を毀損したり、秩序を乱す行為があった場合。

上記以外の理由においても、ANAは会員に対する14日間の文書による予告期間をもって、会員資格を停止することができます。

第9条(会則の改訂)
本会則の改訂については、ANAがこれを決定します。

第10条(会の改廃)本会の改廃については、ANAがこれを決定し、その3ヶ月以前に会員に通知します。

以上

三井住友VISAカード&三井住友マスターカード会員規約

三井住友VISAカード会員規約|クレジットカードの三井住友VISAカード

ANAスーパーフライヤーズ会則第10条から読み取れる通り、スーパーフライヤーズ制度の超絶メリットやその存在自体はANA側の判断により、3ヶ月の猶予期間を持って改変・終了するようです。あまり会員が増えすぎて客層が悪くなったりするとサービス改悪もありうるかも・・・。

スーパーフライヤーズカード(SFC)の到着までの期間と内容物は?

私の場合、入会申込書のポスト投函から

f:id:mr-akogare:20161231090951j:plain

約14日ほどでスーパーフライヤーズカード(SFC)のが自宅に到着しました。ちなみに入会申込書とは違い普通郵便ではなく簡易書留での配送でした。

f:id:mr-akogare:20161231171900j:plain

f:id:mr-akogare:20161231091149j:plain

内容物は以下の5つのものでした。写真向かって左から、

  • ANAスーパーフライヤーズカード
  • ANAカードサービスご利用ガイド
  • 三井住友VISAカード&三井住友マスターカード 会員規約
  • ANAカード会員特約
  • 旧クレジットカード裁断指示書

f:id:mr-akogare:20161231091317j:plain