踊るびあほりっく

―マイルとブラックカードに夢をみる。―

そうだ、修行しよう。SFC修行僧になると決めたその日に読んで欲しい記事

2017/03/01 更新

2016年、SFC修行を解脱し晴れてANAの上級会員になれました。

SFC修行を始めるまで飛行機には年に1~2回程度しか乗る機会がなく、修行開始当初は「SKIPサービスってなんだ?スターアライアンスってなんだ?」っていうぐらい航空関連の知識がありませんでした。

今でも正直ボーイングなんちゃらっていう飛行機の型番や機体のシート数なんてまったく分からないですが、SFC修行を始めたおかげでだいぶ羽田空港に詳しくなりましたし、なによりANAのファンになりました。修行、楽しいよ。

そんな飛行機や空港についてこれまでまったくの無知であった私がSFC修行によって身につけた実践的なノウハウを2017年以降にSFC修行僧を志す方に残せればいいなという気持ちで、今回のエントリーの筆をとります。

 

予約・計画編:SFC修行は4~5月を中心に計画するのがオススメ!!

SFC修行のセオリーは、PP単価が比較的安く搭乗日変更の自由が利きやすいプレミアム株主優待割引運賃での搭乗を繰り返すことだと個人的には思っています。f:id:mr-akogare:20160606231516j:plain

△『プレミアム株主優待割引運賃』

『プレミアム株主優待割引運賃』で購入した航空券は、急遽個人都合により飛行機に乗れなくなってしまった場合や、万が一保安検査場受付期限に間に合わず乗り遅れた場合でも、オープンチケット(区間指定・日付未指定の航空券)に変更することが可能なぐらいフレキシブルです(ちなみに私は以前これに助けられました笑)。

この『プレミアム株主優待割引運賃』に必要な株主優待券は、ANAの株式を権利付き確定日に現物保有するか、ヤフーオークションで落札するかして仕入れるのが一般的です。

f:id:mr-akogare:20160606231218j:plain

△『プレミアム株主優待割引運賃』に必要な株主優待券。青が2016年5月末期限、黄色が2016年11月期限。

後者のヤフーオクションによる入手の場合、1枚(1区間分)あたり4,000円~5,000円の相場感で仕入れることができるのですが、有効期限が5月末に設定されている株主優待券は、5月に近づくにつれて値崩れを起こしていきます。5月10日頃になると、値段は1枚2,000円、そしていずれ1,000円を切ってきます。

ここでぜひ知っておいて欲しいのが、プレミアム株主優待割引運賃で購入した航空券への株主優待番号の登録は搭乗日までに行えばいいということ。極端な話、保安検査場受付期限(離陸15分前)の直前に登録しても良いのです。航空券購入の際には手元に1枚も無くても良いのです。

また、既に航空券に登録した株主優待番号を後日別のものに差し替えることができるので、購入時にはより期限の長い11月末期限の株主優待番号を先に登録しておき、搭乗日が近くなったら投げ売りされている5月末期限の株主優待番号を入手して登録し直すといったことも可能です(この場合、最初の11月期限の株主優待番号は未登録状態に戻ります)。

f:id:mr-akogare:20160606233955j:plain

ヤフオクの出品者の方も株主優待券が紙くずになるのを恐れているため即決価格を設けている方も多く、落札後はすぐに優待番号とパスワードの組み合わせを連絡してもらえます。私は出発7時間前の深夜1時に600円~1,000円で落札し、株主優待番号を教えてもらいました。

取引ナビ経由での番号伝達のため、送料自体もかからず超お買い得です。

チェックイン編:プレミアムクラスの羽田チェックインは13番入り口へ直行!!

プレミアムクラスでの搭乗の場合、羽田空港からのチェックインは13番口から行います。

※もし長時間行列に並ぶのが好きな人であれば、一応1番~12番口等でもちゃんと手続きは可能です。

座席指定済み、株主優待番号登録済みでありチェックイン手続きが不要なSKIPサービス有効状態でも同様です。13番口に直行してください。保安検査場はこの13番口の中にあります。私のようにろくに飛行機乗らず、プレミアムクラスなんて未知の領域だとかなり緊張すると思うのですが、恐れず13番口に行けば大丈夫です。

f:id:mr-akogare:20160606234201j:plain

13番口入ってすぐのところに、右にチェックインカウンター、左に保安検査場があるので、座席指定や株主優待番号登録が済んでいてSKIPサービス有効の場合は直接保安検査場へ、座席指定や株主優待番号未登録の場合はチェックインカウンターへ行きます。

保安検査場を抜けると、すぐそこがラウンジへのエスカレーターです。f:id:mr-akogare:20160606235622j:plain

△保安検査場抜けて1秒すると、もうそこはラウンジのエスカレーター

ラウンジ編:あそこのフォトジェニックなビール、俺のなんすよww

居酒屋ANAこと、ANAラウンジ。ビールに焼酎にウイスキーなど、簡素な品揃えですがアルコールが無料で提供されています。私はビールしか飲みませんが。。

f:id:mr-akogare:20160606235737j:plain

なるべく他のマイラーの記事はリファレンスしないようにしていましたが、以下に紹介されているビールサーバーの裏ワザは是非やっていただきたい!!!ラウンジだけで4~5杯は頂けてしまうぐらい私はビール大好きな人間なので、この裏ワザは超楽しい。ラウンジ時間が格段に愉快になりました。

封印されし泡ボタンへのアクセスは磁力がカギだ!

いやー、やっぱ着眼点が違う。自分ビール好きのくせに、まったくめくろうとすら思わなかった。。悔しい。

おもむろに、そして通ぶって、このマグネットを剥がす瞬間が最高です。たぶん一生やると思う。

f:id:mr-akogare:20160607000435j:plain

居酒屋ANAは、柿の種(ミックスナッツ)以外に提供されているおつまみがないのが悩みの種。スタッフに聞いてみたところ、ペットボトルや小さいお菓子ぐらいであればラウンジに持ち込み飲食してもいいようなのですが、スルメやビーフジャーキーを持ち込む勇気はまだ無いです。

 

機内食事編:軽食を軽んずべからず

プレミアムクラスでの搭乗の場合、機内食はPREMIUM GOZENまたはPREMIUM SABO(軽食)が振る舞われます。

【朝食】10:59までの出発便

【昼食】11:00-13:00までの出発便

【軽食】13:01-16:59までの出発便

f:id:mr-akogare:20160607002132j:plain

当ブログでは社員食堂を頻繁に引き合いに出しているのですが、この食事、結構おいしいです。私のSFC修行の楽しみのうちの一つです(「修行が楽しい」って日本語、冷静に見るマゾな気もするけど)。

ですが、楽しみはこのPREMIUM GOZEN、PREMIUM SABOだけではありません。座席手元に置いてあるメニューには『軽食』というラインナップがあるのです。

f:id:mr-akogare:20160607002318j:plain

この軽食、『雑炊系(米)』と『スープ系』の2種類が毎回用意されているみたいです。

私がこれまでのSFC修行で遭遇したのは、

  • 叙々苑監修コムタンクッパ(雑炊系)
  • 鮭茶漬け(雑炊系)
  • ホタテの茶漬け(雑炊系)
  • ミネストローネ(スープ系)
  • ビーフストロガノフ(スープ系)

 の5つ。コムタンクッパがめっちゃおいしかったです。

f:id:mr-akogare:20160607074717j:plain

△叙々苑監修コムタンクッパ

「今日の雑炊は何かな??」というワクワク感がまた修行を楽しくしています。

乗り継ぎ編:国内線乗り継ぎ手続きは制限区画内で出来る!!

私は羽田→那覇→新千歳のSFC修行旅程が多いのですが、修行開始当初は乗り継ぎの際にわざわざバゲージクレーム(預け手荷物がくるくる回るところ)を通過して一度制限区画外に出たうえで、Uターンして再度チェックインをしていました。ですが最近気づいたこととして、別に制限区画外に出る必要はないんですね。

f:id:mr-akogare:20160607012355j:plain

写真は那覇空港ですが、「乗り継ぎ」のプラカードが掲示されているカウンターに手続きをしに行けば、わざわざ外に出る必要がありません。カウンターで自分が那覇発の航空券を持っていることを高らかに宣言して、乗り継ぎ手続き後はラウンジに直行しましょう(プレミアムクラスの場合)。

ちなみに、乗り継ぎ手続きによって受付で修行僧バレします笑。断固たるお忍び修行であれば、やはり一度制限区画外に出たほうがいいのかも。

まとめ:修行を焦らないこと

正直、SFC修行はとても楽しいです。ツライと嘆きながら修行をしている人をこれまでに見たことがありません笑。楽しそうなことは1秒だって早くやりたいですよね。

ですが、焦らないことがSFC修行を楽しむための大事なポイントだと私は考えています。

先人ブロガーたちが確立した「マイルをスカイコインに変えてSFC修行」という、今まさに流行の方法によって私もSFC修行をしていますが、もしこれからゼロスタートでマイルを貯めてスカイコインによるSFC修行をするつもりなら、中途半端な時期から始めず翌年に向けて焦らずじっくりと大量のマイルを貯めて、年明け早々から修行計画を開始した方がいいと思います。

例えばですが、年内の修行を焦るあまりに楽天カードをこんなしょぼい条件(990マイル相当)で作っては当然ダメです。これは極端な例ですが、焦りは相場観を無視させたり妥協を生みやすくします。

f:id:mr-akogare:20160607014625j:plain

△2016年現在であれば、楽天カードの発行は5,000円前後相当のポイントは欲しい。

「いつ制度改定によるSFC募集停止があるか分からないし、今のうちに、なるべく早く修行する!」という考え方もありますが、いつ制度改定によりSFC制度そのものが廃止になるかも分かりません。マイルを特典航空券ではなくスカイコインに変える事自体が実は時価効率としては非常に悪いことなので、もしビジネスクラスやファーストクラスの搭乗が当初の目的だったのであれば、まずはそちらを優先するほうを私はおすすめします。

※私自身ファーストクラス搭乗後にSFCの制度を知り、「夢だったファーストクラス特典航空券をシーズンに予約しやすくするため」に修行をしていますから。。。