踊るびあほりっく

ビール好きのネットオタクが呂律を回します

【ソフトバンク光】評判より良かったところや悪かったところの感想・口コミ

最終更新 2017年8月31日

Softbank光

f:id:mr-akogare:20170820232625p:plain

ソフトバンク光といえば、ソフトバンクユーザーが格安で使える光ネット回線だ

僕がソフトバンク光のインターネット接続を新規契約したのは2016年2月だから、ちょうど契約から1年以上が経過した

f:id:mr-akogare:20161231100146j:plain

前もってソフトバンク光の評判はネット上でいろいろ見てから契約をしたけど、評判通りの良いところもあったし、評判通りの悪いところもあったりした

今回の記事ではソフトバンク光を長期間利用した僕の率直な感想を書いてみたい。ソフトバンク光の口コミが気になっている人の参考になればと思う

僕が使ってみた率直な感想

僕がいまソフトバンク光に対してもっている率直な感想は以下の4点だ

  • 初心者におすすめ
  • 速い
  • 安い(金銭負担が少ない)
  • サポートセンターがいまいち

この4点について順に触れていきたい

初心者におすすめ

まず、ソフトバンク光はIT初心者や機械オンチにとってやさしい光回線サービスだと思う

というのも、インターネットに接続するために必要な情報が既にプリセットされている(=既に設定が済まされている)ルーターを加入者にレンタルしてくれるからだ

ソフトバンクから宅急便で届けられるルーターと自分のパソコンをつなげるだけの簡単作業だけで複雑な設定作業なしでインターネットがすぐに利用できるというメリットはIT初心者にとってことさら大きいことだと思う

このルーターの名前は光BBユニットというのだけれど、次で紹介する「速い」の理由を支えるための機器でもあるので別に機械オンチじゃない人でもぜひレンタルすると良い

また光BBユニットには無線LANの機構(Wi-fi)も機器内に内蔵されているので、別途市販の無線ルーターを買わなくても無線環境を作ることができるのもおまけのメリットとしてあげられると思う

速い

触れる順番が2番目になってしまったけど、ソフトバンク光の最大のメリットはなんと言っても回線速度がむちゃくちゃ速い点だと思う

ソフトバンク光が遅いなんて言っている人はソフトバンク光をちゃんと使いこなせていない人だから耳を貸さなくていい。検索でそんな口コミを見ても無視しよう

ソフトバンク光は「IPv6 高速ハイブリッド」というサービスを提供していて、ネット利用者で混み合う夜間にISP事業者網(=プロバイダ)の混雑を回避して、ネット回線の通信速度をぐんと高速にする仕組みを持っているからだ

IPv6 高速ハイブリッドの仕組みBBIX

f:id:mr-akogare:20170820164758p:plain

嘘だと思うならソフトバンク光のバックエンドの設備でどんなネットワーク技術が使われているか調べてみるといい

僕たち一般ユーザーがふつうにインターネットを使う分にはそんな技術的なことを知る必要は別にまったくないんだけど、一応ITエンジニアとして技術用語を補足をするとネットワークの世界では最近話題となっている

  • IPv6 IPoE
  • IPv4 over IPv6

という2つのネットワークテクノロジーを使っているからこそできる高速な仕組みだ。IPv6 IPoEについて詳しく知りたい方はこちらのサイト(Geekなページ:IPv6 IPoEの仕組み)を見るといいだろう

これらの高速な仕組みを使うためには、ソフトバンクが提供する先述のレンタルルーター「光BBユニット」をレンタルする必要がある。速さをとにかく求める人は光BBユニットを借りよう。僕も新規契約時に以下の機種(E-WMTA2.3)を借りている

f:id:mr-akogare:20170821072528j:plain

もし市販ルーターを使っていて遅かった場合は、光BBユニットをレンタルすると圧倒的に安定した速さを出すことができる、ということを覚えておくといいと思う

安い(金銭負担が少ない)

ソフトバンク光はマンションタイプだと月額3,800円(税込4,104円)の低価格で光回線が利用できるのは普通にいいところだと思う

もちろん戸建てタイプでもフレッツ光の場合と比較して圧倒的に安くなる。以下の表がその例だ

(契約例)

フレッツ光
(回線+プロバイダの個別)
ソフトバンク光
(両方セットの契約)
回線料金(NTT東西) 5,000円 5,200円
プロバイダ料金(Yahoo ! BB) 1,200円 0円
ひかり電話料金(※任意) (500円) (500円)
合計 6,200円~ 5,200円~
▲1,000円

上の表ではソフトバンク光はプロバイダ料が回線料金とセットになっているから0円で計上している。もしプロバイダを同一条件で比較すると、ソフトバンク光の方がフレッツ光より毎月1,000円以上も安くなる

ちなみに僕はマンションタイプに住んでいてひかり電話含めた不要なオプションは全て取っ払ってしまったので、毎月の利用明細は3,800円(税込4,104円)だ

f:id:mr-akogare:20161231102923j:plain

ただ、毎月の月額料金以上にメリットに感じるところはばら撒きキャンペーンが非常に加熱していて金銭的な負担が少なく加入できるところだ

ばら撒きのキャンペーンをうまく使うと、ソフトバンク光は想像以上に安く利用できる

ソフトバンク光で金銭的な負担軽減をしてくれるキャンペーンや施策は以下のようなものがあげられる

  • 他社違約金の満額還元
  • 高額なキャッシュバック
  • スマートフォンとのおうち割 光セット

他社違約金の満額還元

フレッツ光回線からソフトバンク光に乗り換え(=転用)の手続きを行うと、場合によってはもともと契約していた他社プロバイダなどから解約料(違約金)を請求されることがある

しかしソフトバンク光は、乗り換えに伴う各社の違約金を満額還元してくれる。注意書きで「10万円限度」とは書いてあるけれど、違約金の相場はだいたい3,240円~10,800円ぐらいなので、まず間違いなく足りないってことはないはず

従ってソフトバンク光への乗り換えにかかるコストは実質的にゼロといっていい

f:id:mr-akogare:20170117014240p:plain

この違約金補償のキャンペーンは、NTTからの転用を狙う他の光コラボレーション事業者のどこを探しても類を見ないほどの超手厚い特典だと思う。僕もこの満額還元キャンペーンには非常に助けられた

高額なキャッシュバック

ソフトバンク光は期間限定と謳いながらも年がら年中キャッシュバックキャンペーンで現金をばらまいている

2017年現在の相場だと11,000円~24,000円相当ぐらい。詳しくは申し込みサイトで確認してほしい

SoftBank光新規申込で24,000円、他社転用で11,000円キャッシュバック!

10,000円もあれば良いパソコンの周辺機器を買えるし、やっぱりキャッシュバックの存在はとてもありがたい。僕もキャッシュバックを原資にUSB拡張ケーブルなどのネットワーク機器を買うことができた

スマートフォンとのおうち割 光セット 

ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマートフォンとの「おうち割 光セット」が存在する

光回線とスマートフォンの契約を束ねることで、合計の請求金額を大きく割り引いてくれるサービスだ 

おうち割 光セット | ソフトバンク

f:id:mr-akogare:20170820222709p:plain

ご自宅のインターネットとセットで iPhone、スマートフォン、ケータイ、iPad、タブレット、またはWi-Fiルーターをご利用すると、ご利用料金から2年間毎月最大2,000円割引します。3年目以降も毎月最大1,008円割引

f:id:mr-akogare:20170820223219p:plain

ソフトバンクのスマートフォンユーザーの多くはデータ定額プランに加入しているはずなので、ソフトバンク光の回線契約とスマートフォンの回線契約をセットにすることでかなりの金額の割引サービス2年間で36,528円~48,000円割引/台を受けることができる

データ定額プラン 毎月のスマホ料金
割引額(24ヶ月目まで)
毎月のスマホ料金
割引額(25ヶ月目以降)
大容量(30GB) 1台あたり▲2,000円/月 1台あたり▲1,008円/月
標準(5GB~20GB) 1台あたり▲1,522円/月 1台あたり▲1,008円/月
小容量(1~2GB) 1台あたり▲500円/月

上表の割引額はスマホ1台あたりのものなので、仮に家族のスマートフォンが4台あれば毎月8,000円もの高額な割引サービスが受けられることになる。ソフトバンクスマートフォンユーザーならこれを使わない手はない

サポートセンターがいまいち

これが最大にして唯一のマイナスポイント(デメリット)だと思う

ソフトバンク光のサポートデスクに電話しても、とにかく繋がらない。全然繋がらない。電話でずっと待たされる感じです 

さらに電話が繋がったとしても、運が悪いと何も分かってないようなオペレーターが担当についたりして電話にめちゃくちゃ時間が取られる

大量の初月無料オプションを解約して全部外そうとするときにこれはほんとうに辛かった。人によってはかなりのストレスになると思う

「24時間365日、いつでもオペレーターが親身にすぐ助けてくれる!!」というような手取り足取りの手厚い電話サポートを求める人にとっては、ソフトバンク光ははっきり言って向いていない

ただ幸いなことにソフトバンク光のWeb上の管理画面ではほとんどのオプションの加入/解約を行うことができるので、電話に頼らないやり方でオプションを解約することはできる。実際にWeb管理画面で解約した手順は以下の記事でまとめている

akogare.hatenablog.com

こんな繋がらない状態のサポートセンターへのクレームが多かったためか、最近はチャット画面でサポートセンターに質問をすることができるようになった

チャットサポートのご案内 | インターネット | ソフトバンク

過去に一度利用したことがあったけど電話と比べてレスポンス速度はかなり改善されていて、チャットサポートなら1分以内のリアルタイムな返信を貰えることもあってストレスを感じることはだいぶ減ったように思う

迷っているなら「買い」でいいと思う

いろいろ書いたけど、ソフトバンク光はかなりおすすめできる部類の光回線サービスだ。ネットワーク関係を仕事で扱っているITエンジニアの僕も満足がいく速度品質だった

キャッシュバックや違約金還元のキャンペーンもいつまで続くかわからないので、迷っているならとりあえず「買い」で間違いないと思う

SoftBank光新規申込で24,000円、他社転用で11,000円キャッシュバック!

追記:ツイッター上のソフトバンク光の評判や口コミに僕が補足する

以下はおまけ。ツイッター上に寄せられるソフトバンク光の口コミに対して僕が補足のコメントを入れてみた

速いという評判・口コミ

ソフトバンク光が「速い」という口コミを寄せるツイートを集めてみた

総じて光BBユニットを利用したIPv6高速ハイブリッドの効果を享受できているようだ

→フレッツ光時代にどのプロバイダを利用していたのかわかりませんが、ソフトバンク光にしたことでIPv6高速ハイブリッドがきちんと適用されている方と思われます

こちらは脅威の700Mbps超えの報告ですが、ネットは50Mbps以上あれば超快適にWebサーフィンできるのである意味オーバーキル状態だと思う笑 でもこういうロマンある速度はいいですよね

こちらも爆速の700Mbps超え報告。上ではオーバーキル状態といったけど、ファイルダウンロードのときはその速度のメリットを顕著に感じられると思う。ファイルを落とすまでが本当に一瞬です

こちらも700Mbps超えの報告。

こちらは100Mbps台の報告。インフレ起こした700Mbpsという上の報告速度と比較して見劣りするかもしれないけど、実行速度100Mbpsも相当速い部類だ。例えるなら戦闘力がインフレ起こしたドラゴンボール界における人間最強のクリリンぐらいの強さ(速さ)だ

ちなみにアップロード(上り)速度が200Mbpsとダウンロード(下り)速度より高い数字が出ているけど、ネットワーク帯域の関係上、アップロード速度(上り)>のダウンロード(下り)速度の現象はよくあります

遅いという評判・口コミ

ソフトバンク光が遅いという口コミを寄せるツイートを集めてみた

これらの口コミはほぼ間違いなくすべて、光BBユニットによるIPv6高速ハイブリッドを利用していないユーザーの方達だと思う

これらの低速報告やトラブルは光BBユニットでIPv6高速ハイブリッドさえ適用すれば、ほぼすべて解決すると思う(厚切り)