踊るびあほりっく

ビール好きのネットオタクが呂律を回します

Ping値やパケットロスもブラウザ一つですべて測定!プロ御用達の「SourceForge Speed Test」とは?

f:id:mr-akogare:20170830090502p:plain

今回の記事ではITやネットワークを生業とする僕が個人的に最強だと思っている回線速度測定サイト「SourceForge Speed Test」について紹介したいと思う

SourceForge Speed Testとは?

SourceForge(ソースフォージ)といえば僕のようなIT系エンジニアにとって非常になじみ深いサイトだ。システム開発で必要なツールやプログラムコードはここから調達することも多い

「SourceForge Speed Test」は、そんなプロ御用達のソースフォージが提供する回線速度測定サイト

【リンク】Internet Speed Test - HTML5 Speed Test

このSourceForge Speed Testは以下の2点が非常に優れているとおもう

  • ブラウザ上のHTML5で動作する
  • ping値やパケットロス、jitter(ジッター)も取得できる

順に触れていきたい

ブラウザ上のHTML5で動作する=インストール不要&スマホOK

f:id:mr-akogare:20170830082223p:plain

SourceForge Speed TestはHTML5を採用した速度計測サイトだ

HTML5とはなにかというと、Adobe FlashMicrosoft Silverlightなどのプラグイン型アプリケーションを駆逐するべく登場したWeb団体が制定する新しい技術(規格)のことを指す

HTML5で動作するということはつまり?

  • アプリのインストールが一切不要
  • PCに加えてスマートフォンやゲーム機のブラウザでも動作

ということだ。ユーザーの環境を選ばずどこでも回線速度を測定できるというメリットがある

出先の環境で回線速度を測定しようと思っても、「◯◯をインストールしてください」などと環境面でエラーが出ることは一切ない。非常にストレスフリーだ

Ping値やパケットロス、Jitter(ジッター)も取得できる

一般的なインターネット回線の速度測定サイトだとふつう、

  • 1秒あたりのデータ送受信量(Mbps:Mega bit per second)

しか計測できないものだ

しかしSourceForge Speed Testは、上記に加えて以下の通信性能の指標値をオールインワンで計測できるのが強みである

  • Ping値
  • パケットロス
  • Jitter(ジッター)
  • Bufferbloat(バッファ ブロート)

Ping値とは?

f:id:mr-akogare:20170830081202p:plain

We measure latency through a round trip time measured over web sockets. This results in a close approximation to ping. Lower values are better.

ウェブソケット*1上で測定されたラウンドトリップタイムによってレイテンシを測定します。 この結果はping値に近似し、値が小さいほど良いです。

Ping値とは、通信の応答速度を評価する数値のことだ。Ping値は専門用語で別名「ラウンドトリップタイム(RTT)」や「レイテンシ(latency)」とも呼ぶ*2

単位はミリ秒(ms:milli second)で表し、数値が低ければ低いほど応答速度が速い(タイムラグが少ない)といえます

IP電話やオンライン対戦ゲームといったリアルタイム性が求められるサービスはPing値が非常に重要だ。回線のping値が高いとオンライン対戦ゲームでプレーヤーキャラの位置情報にズレやラグが生じたり、IP電話がいっこく堂状態(あれ?声が遅れて聞こえてくるよ?)になって使い物にならなくなる

パケットロスとは?

f:id:mr-akogare:20170830082341p:plain

We estimate packet loss to better understand the capabilities of your broadband connection. 0% is optimal.

パケットロスはブロードバンド接続の性能をより把握しやすくするための評価です。 0%が最適です。

パケットロスとは、データ送受信中におけるパケットの消失または破損のことだ

単位は回(Times)で表し、数値が低ければ低いほど伝送路(回線)が安定しているといえます。パケットロスの発生確率はおもに通信伝送路の距離が長い場合にあがる傾向がある

データ送受信中にパケットロスがあると当該パケットの再送が必要となるため、パケットロスの回数が多くなるほど通信速度は遅くなることになる

Jitter(ジッター)とは?

f:id:mr-akogare:20170830082642p:plain

Lower jitter values generally indicate higher connection quality.

一般的にジッター値が低いほど、接続品質が高いことを示します。

Jitter(ジッター)とは、ping値(レイテンシ)のブレ加減のこと

単位はミリ秒(ms)で表す

連続する2つのping値にばらつきがあると通信が不安定となるため、この数字も低ければ低いほど接続品質が高く望ましいといえる。計測されたPing値がたまたま遅かったのか常に遅かったのかを知るにはジッターの値を確認するのが良い

Buffer Bloat(バッファブロート)とは?

f:id:mr-akogare:20170830083930p:plain

Lower bufferbloat values generally indicate higher connection quality.

一般的にバッファブロートの値が低いほど、接続品質が高いことを示します。

パケットの送信バッファが過剰となったことにより起こりうる一種のレイテンシのこと

単位はミリ秒(ms)で表す

Ping値は行って戻ってくるまでの送受信応答速度だけど、こっちはパケットの優先順位などを含めた送信の非効率性を測る指標だ

この数字も低ければ低いほど接続品質が高く望ましいといえる

*1:双方向通信の仕組みのこと

*2:本当はRTTを計測するためのネットワークツールのことを「ping」って呼ぶんですけどね。誤用が一般名詞化しました。