踊るびあほりっく

ビール好きのネットオタクが呂律を回します

JCB THE CLASS(ザ・クラス)の入手方法(突撃)を検証したらダメだったのでクレヒスとか全部晒す

f:id:mr-akogare:20160129005233j:plain

 

【結論と3つの理由】サラリーマンはJCB THE CLASS(ザ・クラス)の突撃はやめておこう

まず結論から

サラリーマンはJCB THE CLASS(以下、ザ・クラス)の入手はやめといたほうがいい

なぜか?その理由は3つある

  1. そもそも突撃は成功しない
  2. もっと高い還元率のカードを使わないともったいない
  3. 従来のメリット「ディズニー クラブ33」が抽選制になり落選リスクが大きくなった

そもそも突撃は成功しない

ザ・クラスはJCBからの招待(インビテーション)を受けて入会できる限定的なクレジットカードだ。カードの申込用紙を電話でデスクから取り寄せるいわゆる「突撃」では審査に通らない

こう書くと、「突撃による入会成功の事例もネット上にはあるよ!しかも写真付きで!」と思う人がいるかもしれない

JCB THE CLASS(ザ・クラス)に突撃した結果!30代前半のサラリーマンが成功 - Google 検索

たしかに、ネット上で報告されている突撃成功事例の記事では誇らしげにJCBザ・クラスの封筒を掲げているものもあったりする

けどアレ、ただ申込用紙の封筒なんですよ。その証拠に僕も2枚持っている。笑

f:id:mr-akogare:20170915121208p:plain

僕もネット上の成功事例と思わしき投稿に感化されて1年半ほどクレジットカードのヒストリー(利用履歴、以下クレヒス)を築いてきたけど、得られたものはこの申込用紙の封筒だけだった

もしかしたら本当にカードのホルダーなのかもしれないけど、ザ・クラスの券面が写真にないサイトの情報は基本的に鵜呑みにしない方がいい

僕のクレヒス(1年目:166万円、2年目:129万円)

確かに世の中には突撃によってザ・クラスを入手できた人は少なからずいるとは僕も思う。じゃないと「突撃」という言葉はここまで流行らない

  • 「サラリーマンでも年間500万使ったら突撃でも全然大丈夫!」
  • 「年間100万でも突撃ギリセーフでした!」
  • 「カード発行から最速の半年で突撃いけました!」

などのネット上の報告事例を聞くと「自分だって!」と心踊るのは無理もないと思います

ただ、成功事例よりももっと失敗事例に目を向けるべきだったと当時の僕に対して今の僕は思います。浮かれた僕のクレヒスを晒すので、他山の石としてほしい

1年目:計1,666,979円

2年目:計1,296,047円(9月末日時点)

2016年3月支払い:159,849円

f:id:mr-akogare:20170915122339p:plain

2016年4月支払い:423,173円

f:id:mr-akogare:20170915122421p:plain

2016年5月支払い:281,399円

f:id:mr-akogare:20170915122449p:plain

2016年6月支払い:303,342円

f:id:mr-akogare:20170915122514p:plain

2016年7月支払い:179,727円

 

f:id:mr-akogare:20170915122853p:plain

2016年8月支払い:141,916円

f:id:mr-akogare:20170915122915p:plain

2016年9月支払い:30,206円

f:id:mr-akogare:20170915122937p:plain

2016年10月支払い:89,048円

f:id:mr-akogare:20170915123006p:plain

2016年11月支払い:25,582円

f:id:mr-akogare:20170915123037p:plain

2016年12月支払い:32,737円

f:id:mr-akogare:20170915123115p:plain

2017年1月支払い:18,356円

f:id:mr-akogare:20170915123204p:plain

2017年2月支払い:202,334円

f:id:mr-akogare:20170915123505p:plain

2017年3月支払い:189,403円

f:id:mr-akogare:20170915123539p:plain

2017年4月支払い:154,668円

f:id:mr-akogare:20170915123613p:plain

2017年5月支払い:120,179円

f:id:mr-akogare:20170915123648p:plain

2017年6月支払い:121,906円

f:id:mr-akogare:20170915123716p:plain

2017年7月支払い:189,203円

f:id:mr-akogare:20170915123950p:plain

2017年8月支払い:173,531円

f:id:mr-akogare:20170915124007p:plain

2017年9月支払い:126,159円

f:id:mr-akogare:20170915124118p:plain

 

もっと高い還元率のカードを使わないともったいない

 ザ・クラスはプロバーカードと呼ばれる種類のクレジットカードだ

プロパーカードとは国際ブランド(VISA,JCBなど)が自ら発行するクレジットカードのことで、国際ブランドと提携しているサードパーティ会社のクレジットカードと比較して還元率が非常に低いことが特徴

提携カードの典型例は楽天カードやライフカードだけど、あれらの還元率が3.5%前後あるのに対してザ・クラスは0.5%ほどしか還元が発生しない(1000円利用につき1pt=5円相当の還元)

【例】

  • 還元率3.5%:10,000円に対して350円バック【他社カード】
  • 還元率0.5%:10,000円に対して50円バック【ザ・クラス】

楽天カード

僕は上記のようにザ・クラスで200万円ほどの決済を切ったけど、試算すると60,000円ほどの還元を損したことになる。非常に後悔した

従来のメリット「ディズニー クラブ33」が抽選制になり落選リスクが大きくなった

ディズニーランドの会員制秘密レストラン『クラブ33』がスゴイ6つの理由|話してSukatto(スカッと)!!

f:id:mr-akogare:20170915125215j:plain

ザ・クラスに憧れて突撃による入手を試みる人の9割は「ディズニー クラブ33」の入室権限目当てだと思う(僕調べ)

しかし今年度からディスニーのクラブ33は完全抽選制となり、

  • ザ・クラスを持っている=クラブ33に入室できる

という図式は完全に崩壊した

それに加えて入室できる上限人数が

  • 無制限→2人まで

という制約もできた

月5万円の年会費コストを考慮すると決して手放しで喜ぶべきカードホルダーメリットではなくなっているのだ