読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るびあほりっく

―マイルとブラックカードに夢をみる。―

まだ突撃で消耗してるの?

前回のJCBザ・クラスの突撃から早7ヶ月。

あの頃はOSゴールド発行直後一ヶ月目というまさに記念受験的なネタ感満載の突撃でしたが、あれからクレヒスをコツコツ磨いて、満を持しての再突撃をしました。

思えば我慢の7ヶ月でした。CIC情報を変に汚すことで突撃前に万全を期せなくなるのが嫌だったので、この再突撃に至るまでは陸マイラー活動の主流とも言えるカード発行によるマイル稼ぎの案件には一切手を出していません

当然、マイラー界の歴史に刻まれるであろうあのアメックスゴールド祭りのビッグウェーブに私は全く乗ることができず、その悔しさからか黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは・・・。

 

結論から言いますと。

ダメでした。拒絶通書はこれで2枚目です。

f:id:mr-akogare:20161103125656j:plain

△就職活動のお祈りメールのような寂しさ。

個人的には「えっ、これだけやってもダメですか…?どれだけの条件を満たせば許していただけますか…免許証写しも返してください…ワンワン」って感じなのですが、やはり同社の独自の審査基準には遠く及ばなかったようです。

ということで、これまでに私がJCBザ・クラスの入手に向けて取り組んだことや決裁履歴(クレヒス)を晒すことにより、ザ・クラスに憧れる突撃予備軍の皆様の参考情報にしていただければ幸いです。

一応断り書きを入れておきますがJCBザ・クラスの審査基準は不明であり、必ずしも同条件で否決されるとは限らないのでその点ご了承ください。「少なくとも私はこれだけやってもダメだったよ」、というレポートです。

利用総額は7ヶ月で161万円。

7ヶ月における利用総額は161万円でした。

f:id:mr-akogare:20161103131557j:plain

Web上で報告されている突撃成功までの最短事例ですと半年で150万円ペースでしたため、その決済額に到達するよう決済はJCB OSゴールドに頑張って寄せました。もっと他に高い還元率のクレジットカード(ANA VISAワイドゴールド)はありましたが、これもひとえにJCB愛を同社に表現するため。決済はとにかくこちらのカードへ集約しました。

3月支払い:159,849円

f:id:mr-akogare:20161103133358j:plain

 4月支払い:423,173円

f:id:mr-akogare:20161103133421j:plain

5月支払い:281,399円

f:id:mr-akogare:20161103133437j:plain

6月支払い:303,342円

f:id:mr-akogare:20161103133456j:plain

7月支払い:179,727円

f:id:mr-akogare:20161103133514j:plain

8月支払い:141,916円

f:id:mr-akogare:20161103133537j:plain

9月支払い:30,206円

f:id:mr-akogare:20161103133552j:plain

10月支払い:89,048円

f:id:mr-akogare:20161103133609j:plain

 

総利用口数は7ヶ月で644口。

突撃時点における利用総口数は644口でした。

決済の額もそうですが、それと同じく毎月の利用口数を増やすことで「普段使いのメインカード」であることを同社に示し、さらなるJCB愛を表現しました。

QuickPayの決済を多用。

JCBはどうやらQuickPay進しなところがあるので、コンビニ等QuickPayがかざせる場所では積極的にこれを使っていきました。利用総額としては大した事ない額ですが、回数は下記画像の通りかなり多いです。JCBの施策に寄り添う姿勢をアピールしました。

f:id:mr-akogare:20161103142543j:plain

半年間カードの発行ゼロ。

冒頭で述べたとおり、直近のCIC情報にクレジットカードの申し込み履歴を入れたくなかったので、新たなクレジットカードの発行を控えていました。

f:id:mr-akogare:20161103135030j:plain

△ザ・クラス突撃以外の申込みは一切無し。

その代償として、5月初旬から開催されていた史上最大級のアメックスゴールド祭り(上限なしの青天井ポイント付与)のビックウェーブに乗っかることが出来ませんでした。悔しい。でも仕方ありません。これもJCBに忠誠を示すためです。

JCBザ・クラス以外のクレジットカードも死蔵させない。

突撃予備期間はJCBザ・クラスに決済を集中させてましたが、その他のカードでも毎月小額決済をすることでCIC情報に$(ドルマーク)をつけるようにしていました。

とくに死蔵用と揶揄されることが多いソラチカカードに至っては、CICの最大記録保持期間である24ヶ月連続で$(ドルマーク)をつけています。ソラチカカードも提携カードとはいえ元のイシュアは同じくジェーシービーですので、徹底的にJCBに媚びていきました。

f:id:mr-akogare:20161103134029j:plain

MyJCBへのログイン&キャンペーン応募は欠かさない。

MyJCBへのログイン回数が審査の対象となるという嘘かマコトかわからない都市伝説もあったので、MyJCBへのログインも毎週行いました。また、同社がスポンサーであるディズニーのペアチケットは毎回欠かさずに応募を行い、ディズニーとJCBに対する強い関心を態度に表しました。

f:id:mr-akogare:20161103135356j:plain

△毎週欠かさずログイン!

所得証明書(源泉徴収票)を添付。

決して高い年収とは言えませんが、会社の公印付きの源泉徴収書を同封しました。所得詐称を行っていない真摯さをジェーシービーに訴えました。

おまけ:付箋を添付。

ここまでやればあともう一息。ザ・クラスへの情熱をアピールするため、「よろしくお願いします!」と直訴をする付箋も申込用紙に貼付しました。これで審査する人も心揺れ動くはず。

f:id:mr-akogare:20161103135511j:plain

△字が汚くて恥ずかしいよぉ・・・///

いざ突撃&投函。否決までのスケジュール。

電話で申込用紙を取り寄せたのが(突撃)9月14日

申込用紙が家に到着したのが9月18日

f:id:mr-akogare:20161103140220j:plain

必要事項を記入して申込用紙を郵便局ポスト(神保町)に投函したのが9月22日

CIC情報の申し込み履歴にJCBから記録があったのが9月28日

f:id:mr-akogare:20161103140044j:plain

そして届く無常のペラ紙

外から帰ってくると、ポストに貧相な封筒が一通入っていました。 このとき10月1日。申込用紙はゴージャスだったにも関わらず、否決の通知書は相変わらずペラッペラです。中の書類(冒頭画像)の発行日付を見ると9月30日でしたので、とてもスピーディに否決していただけました。

f:id:mr-akogare:20161103140901j:plain

 

個人属性

申し込み人の個人属性は以下の通り。その他所有クレジットカードの限度額やクレジットヒストリー等は、前回突撃記事を参照してください。

  • 男性会社員(29)
  • 持ち家無し(賃貸)
  • 固定電話無し
  • 配偶者・子 無し
  • 年収640万
  • 現在のOSゴールド与信枠:300万円

まとめ

思いの丈のJCB愛をぶつけても、突撃は成就しないケースを紹介いたしました(悔しい!!)。暦(1月~12月)の決済額ではもう今年は十分にJCB OSゴールドを使用したと思うので、しばらくはANA VISAワイドゴールドカード(後のSFCゴールド)に決済を集中させてマイルを少しでも貯めていこうと思います。

ということで、陸マイラー活動再開!!

関連記事