読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るびあほりっく

―マイルとブラックカードに夢をみる。―

ANAのアップグレードポイントの使い道は非常に限られている

SFC修行による副産物といってもいい、アップグレードポイント。

SFC解脱のために必要なプレミアムポイント数が50,000PPであることから、SFC解脱後の翌年度においては必然的にアップグレードポイントが20ポイント(もしSFC発行済であれば24ポイント)分、ANAから付与されることになります。

f:id:mr-akogare:20160818014519p:plain

「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバー、「ブロンズサービス」メンバーかつスーパーフライヤーズ会員のお客様には、ANAグループ運航便のご利用に応じて獲得されたポイントに加え、さらに一律4ポイントをプレゼントいたします。

出典:アップグレードポイントとは|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

△SFC解脱(50,000PP到達)で得られる翌年度のアップグレードポイントは20ポイント。もしカード発行済みであればさらに追加で4ポイント。

今回の記事は、SFC修行の解脱後に得られるこのアップグレードポイントが思いのほか使い道が無いよというお話。

 

「アップグレード」ポイントなんだから、座席をアップグレードしようと思うじゃないですか?

24ポイントという比較的潤沢とも思えるだけのアップグレードポイントの付与。せっかくならその名の通り、「座席のアップグレード」に利用したいと考えるのが人の性。しかしながら色々調べてみると、座席のアップグレードに使えるシーンははっきり言ってあまり無いんですよね。

マイルで引き換えた国際線特典航空券にはアップグレードポイントは使えない

我々陸マイラーならまず最初に至る考えとして、「マイルで引き換えた国際線の特典航空券をエコノミークラス(ビジネスクラス)からビジネスクラス(ファーストクラス)にアップグレードする」ことだと思うんです。

でも、これが実はNGなんですよね。

マイルによってタダで手に入れた国際線の特典航空券は、なんとアップグレードポイントを利用することが出来ないのです。

(国際線)特典航空券ご利用の際は、座席クラスのアップグレードサービスをご利用になれません。

出典:サービス詳細|空の旅をゆったりと|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

線特典航空券であればエコノミークラスからプレミアムクラスにアップグレードすることが可能なようですが、マイル価値に敏感な我々陸マイラーが国内線特典航空券に自らの大事なマイルを費やすことは、まあまずない思います。

「マイラー×アップグレードポイント」の組み合わせは、相性が悪いものとしてもう諦めるしかない。

仮に有償の国際線航空券でも、ツアーパックで得た格安の航空券にはアップグレードポイントが使えない

上述の通り、マイルでゲットした国際線特典航空券に対してはアップグレードポイントは使えないとなったら、次に考える事として「旅作や旅行代理店で買った格安航空券をアップグレードする」ことではないかと思います。

でも、これもまたNGなんですよね。

旅作や旅行代理店により入手できる航空券は基本的に「包括旅行運賃」という運賃種別に該当しますが、これら航空券もマイルにより入手した特典航空券と同様、ツアーパックで入手した格安の包括旅行運賃の航空券にはアップグレードポイントを利用することが出来ないのです。

(国際線)パッケージツアーその他に適用される包括旅行運賃、対象予約クラス以外では、アップグレード特典をご利用になれません。

出典:サービス詳細|空の旅をゆったりと|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

ダイアモンド会員であれば2倍のアップグレードポイントを支払うという、まさにレベルを上げて物理で殴るような力技によって運賃種別のハードルを解決することが可能なようですが、プラチナ止まりの多くのSFC修行僧には縁遠い話なので、これはもう無視していいでしょう。これは正真正銘、出張族ダイアのためにあるようなサービスだと思います。

国際線(ANAグループ運航便をANA便名で予約した場合のみ)にご搭乗の「ダイヤモンドサービス」メンバーのお客様は、当日空席があり、アップグレードの要件(上位クラスのお座席、お食事など)が整った場合に限り、アップグレードの対象とならない予約クラスでご購入の場合でも、2倍のアップグレードポイント※ご利用によって、アップグレードを承ります。

出典:サービス詳細|空の旅をゆったりと|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

Y/E/B/M/Uの対象予約クラス限定とか誰得

じゃあ、アップグレード可能な対象予約クラスはなんなんだよ?というのはこちら。

f:id:mr-akogare:20160818015344j:plain

出典:ご利用条件・お申し込み│ANA国際線アップグレード特典│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

△アップグレードが可能な対象予約クラスはY/E/B/M/U限定。Y/E/B/M/Uって羅列されても、パッと見の運賃種別が分かりませんよね。

このY/E/B/M/Uって記号、基本運賃番号(fare basis code)と言ってANAにかぎらずJALなど他の航空会社でも共用されているコードだったりします。今回の記事では、ANAで扱われている対象予約クラスを一覧表にまとめてみました。

対象予約クラス コード 名称 アップグレード可否
エコノミー L Super Value ×不可
V Value ×不可
W ×不可
S ×不可
H Value ○可
Q ×不可
U Basic Plus ○可
M Basic Plus ○可
B Flex Plus ○可
Q Flex ×不可
Pエコノミー E Super Value Plus ○可
Pエコノミー/エコノミー Y Full Flex Plus ○可
ビジネス Z Value Plus ○可
D Value Plus ○可
J Flex Plus ○可
C Full Flex Plus ○可

一部例外(H)はあるものの、『Value運賃(変更不可の割安運賃)はアップグレード出来ないけどBasic Plus以上の運賃(変更可の割高運賃)であればアップグレード出来る』ということのようです。あと運賃名の規則としては、"Plus"が付けばアップグレードが可能なことが分かります。

これらの有償航空券にどれぐらいの価格差異があるのかピンと来ないと思いますので、、「年末のカウントダウンをニューヨークで迎えるためにエコノミーの航空券を購入することを想定した場合のValue運賃とBasic Plus運賃を比較してみました。

f:id:mr-akogare:20160818085904j:plain

△Value運賃は187,790円~、Basic Plus運賃は293,290円~。

画像を見て分かる通り、10万円以上の価格差があります。

ビジネスクラスへの座席アップグレードのためは、アップグレードポイントに加えて、更に割高な航空券に対してわざわざ10万円の自腹を切る必要があると考えると、もうなんか本末転倒というかアップグレードポイントを座席に対して利用するのはバカバカしく思えてしまいます。

そして極めつけが、無理して自腹きって座席アップグレードをしても積算されるマイレージはアップグレード前のクラスで計算されるというダメ押しがあること。

アップグレード特典をご利用の場合、マイル積算およびANAプラチナポイントの加算はご購入された航空券のクラスに基づいて行います。

出典:ANA国内線・国際線特典航空券・国際線アップグレード特典共通のご注意

 

アップグレードポイントを座席アップグレードに使うことは諦める。

かくも使いにくいこのアップグレードポイント。マイラーはお金をかけたら負けかなと思っている自分としては(Buyマイルにもものすごい抵抗がある)、もうアップグレードポイントを座席のアップグレードに使うことは諦めた方がいいかなと判断しました。

でも残されている選択肢は2つしか無い。これがまた微妙なんだ。

ANA LOUNGEに入室に使用する(2ポイント/1人)

ANA LOUNGEの入室代金(5,000円)にアップグレードポイントを充てることが出来ます。

が、SFC会員はそもそもANA LOUNGEは無料で利用できる上に、同行者1名分も無料で入室させることができます。つまり自分+同行者2名の3名以上でのフライトでようやくアップグレードポイントを利用することが出来るのですが、お子様のいるご家庭ならともかく独身貴族たる私にはこれまた無縁の話。

仲良し4人組での友達旅行♡といった機会があるような方にはありなのかもしれませんが、逆にそんな若い(?)行動をとる人が50,000PPが必要なSFC権限を持っているかというとこれまた疑問。

SKY コインに交換する(1ポイント=1,000コイン)

毎年4月15日~3月31日に実施されているキャンペーンのサイトから、アップグレードポイントをSKY コインに交換することが出来ます。私はきっとこの使い方になると思います。

キャンペーン期間中、お持ちのアップグレードポイントを、「1ポイント⇒1,000コイン」に交換できます。
※お一人様あたり累計100ポイント(10万コイン)の交換を上限に、期間中何回でもお申し込みになれます。

出典:https://www.ana.co.jp/amc/cpn/ug_skycoin1604/

解脱後に得られる24ポイントをSKY コインに変換すると、その額24,000コイン(24,000円相当)。SKYコインは有償航空券や旅作の代金に充てられるため、修行で行ってみたかったけどPP単価を気にしていけずにいるオホーツク紋別空港あたりに修行ロスのリハビリがてら(?)、さくっと寄ってみるのがいいかなあとボンヤリ思ってます。