読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るびあほりっく

―マイルとブラックカードに夢をみる。―

【解決編】v6プラス設定で接続できない!原因の判別と対処方法をまとめてみた。

システムエンジニアリング

f:id:mr-akogare:20170413111823p:plain

「BUFFALO社製の市販ルーターでv6プラスの設定をしたけど、うまく接続できない!」

そんな声がブログのコメント欄に多く寄せられるので、別エントリーに起こしてみました。このエントリーがトラブル解決のヒントになれば幸いです。

 

v6プラス設定で接続できない原因は2つに分けられる

v6プラスが設定できない原因は大きく

  • ユーザー側
  • プロバイダ側

の2つに分けられます。

もしプロバイダ側に問題がある場合、ユーザー側ではまずどうしようもありません。素直にプロバイダ側が設置するテクニカルサポートの窓口に不具合の旨を連絡し、あちら側で対処をしてもらいましょう。

問い合わせ前にユーザー側の設定に問題がないか確かめよう

しかし家庭用ネットワークの接続系トラブルは、多くの場合ユーザー側の設定ミスが原因となっていることがほとんどです。まずは自分たちユーザー側に原因がないかしっかりと見極め、その上でプロバイダ側に不具合の連絡をすることが重要です。

Step1:機器が正しく配線されているか指差し点検しよう

ITを生業とするプロでも仕事上、オフィスのケーブル配線をうっかり間違えることがあります*1。いわんや、ネットワークに不慣れな人はケーブルに対する注意力が低く配線を間違えがちです。

念には念を入れて、機器の配線状況の指差し点検を行いましょう。指差し点検で解決する問題は家庭でも職場でもとても多いのです。以下の3点を今一度チェック!

  • ONU(またはVDSLモデム)と市販ルーターの間に余計な機器は繋がっていないか
  • LANケーブルを挿す穴(ポート)を間違えていないか
  • LANケーブルは奥まで差し込んでいるか

f:id:mr-akogare:20161231172737j:plain

△もしONUが[ひかり電話ルーター]の場合は二段ルーターの構成になってしまいますので、この場合は市販ルーターは外して[ひかり電話ルーター]のみでv6プラス接続をするようにしてください。

 

Step2:市販ルーターのPPPoE設定は無効化または削除しているか

機器の配線状況に全く問題がないことが確認できたら、次は市販ルーターの設定にPPPoE設定がされていないことを確認しましょう。

有効なPPPoE設定(IDやパスワード)を市販ルーターに登録していると、v6プラス接続モードではなくPPPoE接続モードで動作してしまう事象が報告されています。

【市販ルーター ステータス画面】

f:id:mr-akogare:20170413102148j:plain

△v6プラス接続よりもPPPoE接続が市販ルーターで優先されることもある。

こうした無用なトラブルを避けるためにも、PPPoE設定は市販ルーターから削除するか無効化しておきましょう

http://192.168.11.1 にWebブラウザでアクセス

 f:id:mr-akogare:20161231172947j:plain

[Internet]-[PPPoE]メニューからPPPoE接続リストの状態を無効にする

f:id:mr-akogare:20170413105102j:plain

 

Step3:NTTのサービス情報サイトでフレッツ・v6オプションは有効になっているか?

以下のURLよりNTTの「サービス情報サイト」にアクセスし、NTT回線内においてフレッツ・v6オプションの利用が出来ているか確認しましょう。

https://flets-east.jp/ (NTT東日本)

http://www.flets-west.jp/ (NTT西日本)

f:id:mr-akogare:20170413110342j:plain

"利用中"になっていればOKです。

Step4:BIGLOBEから「フレッツ光 IPv6接続設定が「完了」しました」のお知らせメールが届いているか

 以下のお知らせメールがBIGLOBEから届いていることを確認します。

f:id:mr-akogare:20170413111205j:plain

【お知らせ】フレッツ光 IPv6接続設定が「完了」しました

平素よりBIGLOBEをご利用いただき誠にありがとうございます。

お申し込みいただきましたフレッツ光 IPv6接続の設定が完了いたしました。

お客さまID : CAF
設定完了日  : 

NTT東日本/NTT西日本提供の「フレッツ・v6オプション」の契約も完了し、
すでにIPv6によるインターネット接続をご利用いただけます。

以下「BIGLOBE会員サポートサイト(IPv6対応)」のIPv6情報サイトでIPv6による接続ができていることをご確認ください。

■BIGLOBE会員サポートサイト(IPv6対応) IPv6情報サイト
http://v6.support.biglobe.ne.jp/ipv6/guide.html

ご利用の機器によっては機器の再起動等が必要となる場合があります。
詳しくは、IPv6情報サイトの「よくある質問」をご覧ください。

このメールを受信してから24時間以内にv6プラス接続に切り替わらない場合は、以下の市販ルーターのログを確認してみます。

Step5:市販ルーターにエラーログは出ていないか

最後に、市販ルーターのログを確認します。

[ステータス]-[ログ]

f:id:mr-akogare:20170413113226j:plain

v6プラス接続モードで正しく通信できている場合、市販ルーターのログには以下のようなメッセージが記録されます。

SYSTEM [V6Plus] Receive rule
SYSTEM [V6Plus] Connection succeeded.
SYSTEM [V6Plus] Connection was started
SYSTEM Detected V6Plus

一方、v6プラス接続ができない方の市販ルーターには、以下のようなメッセージが記録されることがあるようです(コメントありがとうございます)。

SYSTEM [V6Plus] Server no-response.
SYSTEM [V6Plus] Receive empty rule
SYSTEM [V6Plus] Received block response.
SYSTEM [V6Plus] Can't receive rule(status=-1).

もしこのログが出力されている場合、BIGLOBEのテクニカルサポートセンターに上記ログが出力された旨を添えて問い合わせてみましょう。

【Webからの問い合わせ 】

BIGLOBE会員サポート (24時間 365日受付)

【電話での問い合わせ】

一般電話の場合:0120-68-0962(10:00〜19:00 365日受付)
携帯電話など:03-6328-0962(10:00〜19:00 365日受付)

*1:そしてループを起こして怒られるという